老後のお金と今後の利殖方法



スポンサードリンク



老後のお金ははどのくらい必要なのでしょうか?
老後のお金と言えども、各々様々な条件がありますから、一様に「老後のお金はいくら」っていうことは出来ませんよね。たとえば定年し、本格的に老後といわれる時期が来ても、そのときに子供が独立しているか、いないか。また住宅ローンが終わっているかなど、様々な条件が複雑に絡んできますよね。趣味など自由な時間を使うためにも、こういう条件をいくつかクリアしているという点がとても重要なポイントといえます。老後に必要なお金を考えるにあたってまずは自分のポジション、「今の自分はどういう条件であるか」ということを考え、老後のお金を計算してみましょう。
スポンサードリンク

もし子供が独立していれば、こどもにかけるお金は当然必要でなくなりますよね。その分自分たちの生活費、娯楽費に回すことが出来る。また、住宅ローンの返済も終了していれば、同じように資金を老後を充実するためのお金として利用することが出来る。その時点で10万円ほどの差が出てくると思います。年金の平均はおおよそ月25万円といわれています。10万円の違いが大きな差になることは一目瞭然です。ではもし、各種返済などが終わっていなければ、どのようにすればいいのでしょうか。


様々な利殖方法が今は用意されています。
現在日本では様々な形で老後のお金を増やすためのサービスが存在しています。株式投資、投資信託、外貨預金、商品取引などなど。どうにか今眠っている貯金したお金を増やすか。いかに利殖できるかと、様々な会社が様々な方法で商品化されています。しかし、この利殖方法はリスクが伴います。貯金違って決して元本が保証されません。本や講習会、セミナーなどでしっかり情報収集し、勉強して投資を始めなければなりません。老後のお金、セカンドライフの資金を増やすも減らすも本人の行動次第ということなんですね。一番危険な行動は、何も知らずに人に言われたままに利殖方法を決めるということです。自分の責任は自分でとらなければなりません。老後のお金を増やしたいという人は当人だけではないのです。皆同じ。そういう中でどのような対処をするか、しっかり調べ考えなければならないと思います。

本サイトのプライバシーポリシー

おすすめリンク
中高年の再就職と
転職の事情。

高年が今の時代を生き抜くための転職・再就職情報サイト 。
退職金の平均相場と上手な使い方。
中高年の転職・再就職マニュアル
老後、新しい生活の始まり。
定年退職後に豊かな生活を送るには。
定年後は仕事人間に別れを告げる。
格差社会の原因と今後の対策
老後の住宅の確保のススメ〜終の住処を考える〜
気になるアラフォー世代の特長。
 
 
 
 
 
 
 
 

老後のお金と今後の利殖方法